スポンサード・リンク

(p^-^)p心臓カテーテル検査の話


(^0_0^)題名:心臓カテーテル検査の話

1)検査の意義と方法

・目的

心臓カテーテルとは、大血管や心臓内へカテーテルを挿入し、①心臓・大血管内の圧曲線分圧、②心臓・大血管内の血液ガス分析、③心拍出量測定、④選択的心臓血管造影法を行い、心臓の血行動態および形態や機能を調べる検査法である。

これを応用して、①心筋症、心筋炎に対して心筋生検、②ヒス束心電図、③洞機能および房室伝導機能検査を行う。

この技術は①血栓除去、②血管内および心腔内の異物除去、③ホルストマン法による非開胸的動脈管閉塞、④経皮的冠血管拡張術、⑤急性心筋梗塞に対する冠状動脈内血栓溶解療法、⑥ラスキンド法による心房中隔切開術、等の治療としても応用されている。

・検査法

(1)右心カテーテル法は、肘静脈または大腿静脈などの末梢静脈より、大静脈・右房・左室・肺動脈および肺動脈末梢部までカテーテルを挿入し、心内圧測定および血液ガス分析・心拍出量測定、必要に応じて選択的心臓血管造影を行う方法である。最近ではスワンガンツカテーテルを用いてベッドサイドで右心カテーテルを行う方法もある。

(2)左心カテーテル法は、大腿動脈、上腕動脈などの末梢動脈より逆行性に大動脈を経て、左心室へカテーテルを挿入し、圧測定、血液ガス分析、左室造影を行う方法である。

 

2)正常機能

・血液ガス分析は、各部位の酸素飽和度を測定し左→右短絡疾患、右→左短絡疾患の診断に役立つ。

・左室造影検査より、左室機能検査を計算する。この方法は、左室内腔を回転楕円体とみなし、左室収縮期容積と左室拡張期容積が測定され、その差より1回拍出量が算出される。1回拍出量を左室拡張期容積で徐して駆出率を求める。この駆出率が心機能評価の大事な指標となる(正常は60~70%で50%以下は機能低下とする)

 

3)異常の読み方と考えられる疾患

・選択的心臓血管造影:心臓や大血管の形態や位置関係があきらかになるばかりでなく、心室の収縮様式や弁の逆流部位や逆流量などの血行動態も知ることができる。

・静脈造影:上大静脈では上大静脈症候群、縦隔腫瘍、左大静脈依残遺、下大静脈では大静脈系の還流異常がある。

・右房造影:三尖弁の異常を伴う疾患や特発性右房拡張症、右房粘液腫。

・右室造影:右→左短絡疾患(ファロー4徴候、両大血管右室起始症、総動脈管症等)、収縮性心膜炎、肺動脈狭窄症。

・肺動脈造影:肺動脈系と肺静脈系の疾患に必要。また左房および僧帽弁の異常も診断できる。

・左房造影:肺動脈造影で代用した左房および僧帽弁の診断をする。

・左室造影:僧帽弁とその弁下病変、左室、大動脈弁の疾患に用いる。僧帽弁狭窄では弁下病変、僧帽弁閉鎖不全では逆流量の測定ができる。虚血性心疾患では、心筋梗塞、狭心症の左室壁運動の異常の有無、心室瘤の形成などの形態異常のほかに、心室容量、心拍出量駆出率などの血行動態も測定される。心筋症には心室壁肥厚や部分的肥厚の診断に用いる。

・大動脈造影:大動脈弁と大動脈の異常に用いる。大動脈弁狭窄症と閉鎖不全症、大動脈瘤、大動脈縮窄症、大動脈炎症候群などがある。

 

4)異常に対する対応

心疾患が診断されたならば、それまでに行った検査データをあわせ、内科治療か外科治療の総合判断を下す。心臓カテーテル法は、心臓に直接カテーテルを挿入するために、他の検査よりも危険発生の可能性がある。

医療上の合併症は、いかに頻度の少ない合併症であっても、起こりうる事実と可能性を知っているのとまったく知らないのでは、看護上危険防止に対する姿勢が異なる。

心臓カテーテル法の合併症

1.カテーテル挿入部位の動脈の合併症

①動脈塞栓症、閉塞、内膜剥離

②挿入部位の出血

③動脈離断

④仮性動脈瘤

2.心臓および大血管の穿孔(心タンポナーデ)

3.刺激伝導障害と不整脈

4.ショック

5.造影剤注入の合併症

6.感染

7.カテーテル破損、結節形成

 

5)看護

(1)アセスメント

・循環動態、バイタルサインの観察:

検査室入室後はバイタルサインを測定し、心電図モニターを装着する。検査を実施するにあたっては、動悸や胸部不快感など自覚症状の有無、血圧や脈拍数、心拍数、不整脈の有無を確認する。カテーテル検査では、動静脈の穿刺を行うため、穿刺部位から末梢の循環状態の確認を行う。

・身体的準備状態の確認:

検査を行うにあたって必要な項目について確認行う。通常は、病棟や外来の看護師から検査室への看護師へと伝達がなされる。現病歴や既往歴、主訴、服薬状況、いままで行われた検査値での異常の有無(貧血や肝・腎機能異常の有無)、検査承諾書へのサイン、感染症の有無、薬物アレルギーの有無、装具や義歯の有無については必ず確認を行う。

・合併症予防:

とくに動脈穿刺を行った場合は穿刺部位からの再出血や血腫の形成、循環障害の危険性がある。また、まれに重篤な合併症として血栓に伴う梗塞が発生する危険性がある。全身状態、穿刺部位以下での循環状態をよく観察し、異常の早期発見につとめる。また、造影剤の使用に伴うアレルギー症状が出現することもあり、皮膚状態を観察し、瘙痒感などの訴えがないか確認する。

・精神的状況の確認:

カテーテル検査は患者への侵襲が大きく、また検査中は同一体位での安静保持や、指示に応じて体位変換を行う必要があり、さらに検査後も止血のため臥床安静を強いられるなど、身体的な拘束感が強いため、検査への不安や恐怖の訴えの有無を確認する。安全に検査が行われるよう、体動の制限や指示に対しての理解が得られ、まもることができる状態であるかの確認を行う。

(2)看護活動

・検査への理解:

検査前には医師から説明を受け、理解したうえで承諾書に記名を行う。検査について不安・不明な点がないか確認し、気持ちの表出をはかる。

・身体的な準備:

必要に応じて穿刺部位を除毛し、現病歴や既往歴、主訴、服薬状況、検査値の異常の有無(貧血、肝・腎機能異常)、感染症・薬物アレルギーの有無について確認する。また検査衣への着替え、検査台への移動、体位の固定が行われれる。

・全身状態の観察:

バイタルサイン、自覚症状、心電図モニターからの不整脈や心拍数・波形の異常の有無、末梢動脈触知の状態について観察する。

・検査中の援助:

静脈路が確保されたのち、検査が開始される。検査中は患者に声をかけ、必要に応じて現在の状態や行われている処置についてわかりやすく説明を行う。心電図モニターおよびバイタルサインの変動に留意し、異常の早期発見につとめる。異常所見が認められたらただちに医師に報告する。また、転倒や転落などを起こさないよう安全に体位の固定・変換が行われているかに注意する。

・検査後:

検査終了後は、穿刺部位は圧迫止血を行う。止血状態を確認し、引き続きガーゼ、場合によっては砂嚢や弾性絆創膏で圧迫を行う。穿刺部位の疼痛の有無、穿刺肢の皮膚、爪の色、冷感、神経障害の有無、さらに徐脈や気分不快、血圧低下など、検査に伴う血管迷走神経反射の有無を確認し、異常が認められればただちに医師に報告する。

また、再出血をおこさないよう穿刺部位の安静を保つ。医師の指示により、検査後の数時間は仰臥位あるいはセミファウラー位にて安静を保ち、穿刺肢は屈曲等の動作を行わないよう患者に説明する。下肢から穿刺を行った場合、検査後数時間は床上排泄となるため、穿刺部位の圧迫を保持して努責をかけないよう注意する。水分や食事は状態が安定したのちに、指示にて開始される。造影剤を使用している場合は、排泄を促進するため水分制限がないときには水分摂取を促す。

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.心臓カテーテル検査


スポンサード・リンク