スポンサード・リンク

(*^。^*)滅菌法の話

2013年5月5日 0

(^_-)題名:滅菌法の話 1)滅菌と消毒 滅菌とは、微生物をすべて殺しつくし、無菌状態にすることである。 これに対して消毒は、対象とする病原体を取り除くことであるから、非病原性の微生物が生き残ってい […]

(^∇^)呼吸と解剖生理学の話

2013年5月5日 0

(--〆)題名:呼吸と解剖生理学の話 ●呼吸器系の器官 (1)気管および気管支 気管は、喉頭の下に続く半円筒状の管(長さ約10.5cm)で、第6頸椎の高さにはじまり、第4胸椎の高さで左右の気管支に分か […]

( ☆∀☆)心臓リハビリテーションの話

2013年5月5日 0

(^○^)題名:心臓リハビリテーションの話 1)目的 心臓リハビリテーションには、運動療法のみならず、教育やカウンセリングなどの多要素のアプローチが含まれている。身体機能の回復とともに、心理・社会的な […]

(≧∇≦)心臓カテーテル治療の話

2013年5月5日 0

(ー_ー)!!題名:心臓カテーテル治療の話 □経皮的冠状動脈インターベンション(PCI) 従来、心臓カテーテル法は診断をつけることが目的で施行されることがほとんどであったが、最近は狭心症や心筋梗塞の治 […]

v(・∀・*)心筋梗塞の話

2013年5月5日 0

(ーー゛)題名:心筋梗塞の話     ■概念と分類 ●概念:冠状動脈硬化があり、狭くなった冠状動脈が粥腫(アテローム)の破綻により血栓を生じ、内腔が完全に閉塞すると、その動脈から先 […]

(*´-`)消毒薬の話

2013年5月5日 0

(^o^)題名:消毒薬の話 <1>消毒薬とは何か 感染症をおこさない水準にまで病原微生物を死滅させ、減少させることを消毒といい、これに用いる薬を消毒薬という。一方、すべての微生物を死滅・除去することを […]

( ・∇・)小児気管支喘息の話

2013年5月5日 0

(*´з`)題名:小児気管支喘息の話 <呼吸器の解剖> 呼吸器は、呼吸に係わる鼻、咽頭、気管、気管支などの器官から構成されていて、生命維持に不可欠なガス交換を行う。 鼻腔から肺に至る空気の通り道を気道 […]

(*ToT)術後の合併症の話

2013年5月5日 0

●術後発熱 術後38℃以上の発熱がある場合は、その原因検索が必要である。必ず、臨床経過と身体所見を調べる。 発熱の原因はさまざまで、発熱すなわち感染とはかぎらない。とくに、術後早期(36時間以内)の発 […]

( ・∇・)急性乳幼児下痢症と急性胃腸炎の話

2013年5月5日 0

急性乳幼児下痢症と急性胃腸炎は、ウイルス感染などさまざまな原因により消化管が障害を受けて症状を示す疾患群。 原因が特定されれば独立した疾患として扱われる。 <症状> 嘔吐、発熱、下痢、腹痛などである。 […]

(〝⌒∇⌒〝)腰部脊柱管狭窄症と看護の話

2013年5月5日 0

(・.・;)題名:腰部脊柱管狭窄症と看護の話 ●入院~手術前日まで (1)術前状態の把握 入院時の神経症状、疼痛部位、ADLの状態を把握する。とくに手術前の神経症状を把握しておくことは、経過を観察する […]

1 141 142 143 144 145