スポンサード・リンク

(^◇^)多発性硬化症の話

2014年1月2日 0

(´д`)題名:多発性硬化症の話 中枢神経系の慢性炎症性脱髄疾患であり、症状の寛解と増悪を繰り返す(時間的多発)、脱髄巣が多発する(空間的多発)のが特徴です。 私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線 […]

(゜´Д`゜)切断と原困の話

2013年12月29日 0

(^O^)題名:切断と原困の話 切断の適応となる原因には、外傷、末梢循環障害、悪性腫瘍、感染、先天性奇形、その他等がある。 1.外傷 すでに完全に切断されているもの、切断はされていないが広範な組織の破 […]

(*´д`*)関節リウマチと薬物療法の話

2013年12月28日 0

(*´д`*)題名:関節リウマチと薬物療法の話 ●抗リウマチ剤とは 原因不明の運動器の疼痛性疾患を広くリウマチと呼んでいるので、これに含まれる疾患は甚だ多い。すなわち文字通りの慢性関節リウマチ(rhe […]

o(^o^)o心理検査の話

2013年12月27日 0

( ̄▽ ̄)題名:心理検査の話 知能検査、人格検査、その他の検査(精神作業能力検査、発達検査など)に分けられる。これらの検査によって、心理面を数量で客観的に評価したり、言語的には表出してこないような深層 […]

(´д`)断端管理の話

2013年12月25日 0

(゚∀゚)題名:断端管理の話 切断術後の断端管理には次のような方法がある。   ●弾性包帯法(soft dressing) 切断端の創縫合部を滅菌ガーゼで覆い弾性包帯を巻いて圧迫し、断端を固 […]

(>_<)ケルニッヒとブルジンスキー徴候の話

2013年12月25日 0

(●^o^●)題名:ケルニッヒとブルジンスキー徴候の話 ケルニッヒおよびブルジンスキー徴候ではうまくいかない 膝を曲げた状態で股関節を直角に屈曲し、そのまま膝を伸ばそうとすると抵抗が見られること。髄膜 […]

( 〃▽〃)心臓と心電図の話

2013年12月24日 0

(^_^メ)題名:心臓と心電図の話 心臓の構造 (1)心臓の位置と外形 心臓は、胸壁の胸骨と肋軟骨の後ろに位置し、握りこぶしほどの大きさがある。胸腔の中で、左右の肺にはさまれた縦隔に位置し、心膜に包ま […]

( ´▽`)脳神経検査の話

2013年12月21日 0

( *`ω´)題名:脳神経検査の話 1.嗅神経(Ⅰ) 検査法 閉眼させ1側の鼻孔を手でふさぎ、刺激の弱い香料(巻きタバコ、香水、コーヒー、ハッカなど)を用いて(刺 激の強いものでは三叉神経を刺激するた […]

(;゜∀゜)心不全の話

2013年12月20日 0

( ´ ▽ ` )題名:心不全の話 心不全の症状:呼吸困難、息切れ、頻脈、全身のむくみ、チアノーゼ(唇や手足が紫色になる)、尿量の減少   左心不全(left heart failure)は […]

★(@_@;)急性腎不全の話

2013年12月19日 0

(^o^)題名:急性腎不全の話 ●病態生理 急速な腎機能低下により、体液の恒常性が維持できなくなり、尿毒症状や高窒素血漿などの検査値異常をきたす症候群である。乏尿(尿量が1日400ml以下となる)や無 […]

1 143 144 145 146 147 166