スポンサード・リンク

( ̄□ ̄;)汗の話

2017年11月9日 0

汗は99.9%が水分であり、水分以外の成分では、NaCl(塩化ナトリウム)が約0.65%、尿素0.08%、乳酸0.03%である。 しかしこの成分は常に一定ではなく、運動して大量に汗をかいたときは、Na […]

ヽ( ̄▽ ̄)ノ多発性硬化症の話

2017年11月9日 0

脱髄性疾患の中心的疾患であり、中枢神経に多巣性に脱髄をきたす。 発症頻度は欧米では人口10万に20~60人で北緯40度以北に高頻度に発症する。 わが国では欧米の1/10程度である。 発症年齢は15~5 […]

(/ー ̄;)成長期とスポーツ障害の話

2017年11月9日 0

離断性骨軟骨炎 関節軟骨直下の骨組織が何らかの原因で母床より離断し、壊死組織となったものである。離断した骨軟骨下組織を被う関節軟骨は、表面上ほとんど変化がなく連続性が保たれている場合もあるが、症状があ […]

(*´∀`)シャルコー・マリー・トゥース病の話

2017年11月8日 0

本疾患名はCharcot、Marieらによって報告された遺伝性運動感覚性ニューロパチーに対して名付けられた。 その後広く遺伝性運動感覚性ニューロパチーをシャルコー・マリー・トゥース病と総称するようにな […]

( ̄▽ ̄;)腎不全と慢性腎不全の話

2017年11月7日 0

腎不全とは、腎機能の低下(特にGFRの低下)によって、高窒素血症が生じたり、水・電解質、酸-塩基平衡などが障害される。 腎不全はネフロンの機能が低下するが可逆的である。 慢性腎不全はすべての疾患が原因 […]

(^◇^)球麻痺症候の話

2017年11月7日 0

①概念 球麻痺(真性球麻痺):延髄から出る運動性脳神経orそれにより支配される筋群の麻痺をいう。 偽性(仮性)球麻痺:上位運動ニューロンである皮質延髄路の病変による核上性障害をいう。 主症候はいずれも […]

( ☆∀☆)頚髄損傷と急性期の話

2017年11月7日 0

急性期では医学的管理と看護のもとに、受傷部の整復、固定の為ベッド上での安静臥床を余儀なくされる。理学療法は全身および局所状態の改善と二次的障害の予防に努め、早期に身体機能を取り戻し将来の自立に備えるこ […]

d(⌒ー⌒)!膠原病と治療の話

2017年11月7日 0

1.薬物療法 膠原病は炎症反応・疼痛・発熱をはじめとする多彩な自覚・他覚症状を呈する。これらの症状は苦痛を軽減し改善するためには薬物療法が行われる。 (方法) 与薬法は経口・静注・パルス療法・関節腔内 […]

(〃^ー^〃)高周波療法の話

2017年11月5日 0

<高周波療法とは> 10000Hz以上の高周波電流を生体に併用させ、湿熱効果を目的に治療を行う方法。高周波が電極を+・-と交互に変化させるのに合わせて、生体の各分子も回転しする(高周波(+)ならば分子 […]

(* ̄∇ ̄*)ゴルジ腱器官と反射の話

2017年11月5日 0

ゴルジ腱器官にはIb線維が分布している。筋が収縮するとIb知覚線維が腱器官の線維に挟まれて興奮する。 筋が収縮する。 ゴルジ腱器官のⅠb知覚線維が興奮する。 脊髄内で介在ニューロンとシナプスする。 介 […]

(/▽\)♪低出生体重児と未熟児の話

2017年11月3日 0

 出生直後から子宮外での生活への生理的適応過程が終了するまでの期間の児を新生児といい、その新生児を出生体重により分類したものである。 低出生体重児 :出生体重2500g未満の児 極低出生体重児:出生体 […]

(´・c_・`)体温調節中枢の話

2017年11月3日 0

体温調節中枢は視床下部にあり、温熱中枢と寒冷中枢の両者の拮抗作用によって体温の維持がなされている。 つまりサーモスタットのように、正常時には体温が37℃に設定されており、これより体温が上昇すれば“of […]

( ^∀^)僧帽弁疾患の話

2017年11月1日 0

僧帽弁疾患とは  弁膜症には閉鎖不全と狭窄症がある。 僧帽弁狭窄症は、原因としてリウマチ熱が考えられているが、その既往が明確なものは約半数である。男性よりも女性に多く、1:3~4の割合である。リウマチ […]

(◎皿◎)肺炎患児の話

2017年11月1日 0

肺炎とは  肺炎は、病因微生物の感染に伴う炎症であり、肺胞あるいは肺胞間質に炎症性細胞浸潤が起こり、微生物と炎症細胞の反応によりさまざまなサイトカインが産生される。その反応として発熱などの全身症状とと […]

(^-^ゞリンパ系の話

2017年11月1日 0

身体を構成する細胞は、組織間液に浸されている。 組織間液は血漿の約0.5%が細動脈と毛細血管から血管外に出たもので、一日に約20ℓになる。 このうち90%は細静脈で再吸収され、残りの10%つまり2ℓは […]

(´・ω・`)心筋梗塞の話

2017年10月29日 0

非常に強い胸痛発作がある。 典型的な異常所見はST上昇、異常Q波、冠性T(T波の逆転)など示す。 心筋に含まれていた酵素が血液中に流出して、血中濃度が上昇する。 血流が遮断されると当然造影剤の流れも遮 […]

ヽ(^○^)ノ閉塞栓動脈硬化症の話

2017年10月29日 0

四肢の主幹動脈が徐々に狭窄あるいは閉塞し、その末梢組織の循環障害をきたす疾患である※1慢性動脈閉塞症のひとつ〔他に※2Buerger(バージャー)病(TAO)などがある〕中年以降の男性に好発し、高血圧 […]

(´д`|||)ギラン・バレー症候群の話

2017年10月29日 0

急性に四肢の脱力が出現する、運動神経の障害を中心とする炎症性のニューロパチー(末梢神経障害)である。原因は不明であるが、前駆症状の上気道炎や胃腸炎、下痢などの感染症に髄患したのち1~3週間後に発症する […]

(^〇^)ネフローゼ症候群患児と看護の話

2017年10月25日 0

1.腎臓の仕組みと働き ①腎臓の仕組み *腎臓 腎臓は第12胸椎から第3腰椎の高さに位置して、後腹膜腔内に左右一個ずつある。大きさは長さ約10cm×幅約5cm×厚さ約3cm、重量は約120g。 腎臓は […]

(*^_^*)大腿骨骨幹部骨折の話

2017年10月25日 0

大腿骨骨幹部骨折とは  骨折とは、骨に直達あるいは介達外力が働き、骨あるいは軟骨組織の連続性が断たれた状態をいう。完全に連続性が絶たれた場合を完全骨折といい、一部連続性が残っている場合を不完全骨折とい […]

(^〇^)興奮収縮連関の話

2017年10月25日 0

筋線維の細胞膜に発生する活動電位(興奮)が筋線維の収縮を起こす一連の過程を筋の興奮収縮連関という。 そこで、興奮が収縮をもたらしそれが弛緩するまでの過程を述べる。 中枢からの刺激は活動電位により電気信 […]

(゜m゜;)心不全の話

2017年10月20日 0

心不全とは「心機能低下により、全身の組織代謝に必要な血液量を駆出できない状態、あるいはそれが心室充満圧の上昇によってのみ可能な状態」である。 心臓はポンプとして、臓器、組織が必要とする血液を送り出して […]

(/o\)血管内手術とアンギオの話

2017年10月20日 0

経皮的に大腿動脈より頭蓋内血管にカテーテルを挿入し、目的の血管を閉塞・開通・拡張する治療である治療後、血栓形成、閉塞予防のため抗凝固療法を行なう 対象及び目的 脳動脈瘤:瘤内にコイルを留置し出血を予防 […]

(* ̄▽ ̄*)熱性けいれんの話

2017年10月19日 0

熱性けいれんとは  38度以上、特に39~40度の発熱に伴うけいれんで、さらに、けいれんの原因となるような中枢神経感染症、水分・電解質不均衡、器質的異常等に明らかな異常がみられない場合に熱性けいれんと […]

ヾ(@゜▽゜@)ノ肩関節屈曲の話

2017年10月18日 0

肩関節の屈曲 (0~180°) 肩jtの屈曲は肩甲骨と鎖骨の動きを伴う。 ●肩甲骨:屈曲60°以上になると、2°屈曲するごとに肩甲骨は1°上方回旋する。 ●鎖骨:上腕骨の屈曲90°までは胸鎖関節を運動 […]

o(*⌒―⌒*)o気管の話

2017年10月18日 0

左気管支:正中線とは約46°の角度をとって走行し、細く、かつ長く(右側の約2倍の長さで約4~6 cm)。食道と胸大動脈の前方、大動脈弓の下を走って左の肺門に達し、上・下の2枝に分かれて肺に入る。 右気 […]

(* ̄ー ̄)不整脈の話

2017年10月17日 0

不整脈には徐脈性不整脈と頻脈性不整脈にわけられ、ほとんど自覚症状を示さないものから、動悸、胸痛、失神発作(アダムストークス発作)をきたして死にいたるものまで色々ある。不整脈の背景には明らかな異常をみと […]

(^〇^)肝硬変症の話

2017年10月17日 0

長期間にわたる慢性肝疾患(慢性肝炎)の結果、肝が高度に線維化をきたし、肝硬変結節が形成されて硬くなった状態をいう。 しばしば、肝硬変結節から「肝がん」(肝細胞がん)が発生する。 慢性肝炎の門脈の線維化 […]

(*´-`)脳動脈瘤の話

2017年10月17日 0

●概論 頭蓋内動脈、特に脳底部の主幹動脈の壁が瘤状に拡大するもの。 原因によって、先天性、動脈硬化性、細菌性、外傷性、梅毒性などに分けられ、また形状から桑実状あるいは嚢状と紡錘状の二つに分けられるが、 […]

(ノ_<。)多発性硬化症の話

2017年10月14日 0

中枢神経系の慢性炎症性脱髄疾患であり、症状の寛解と増悪を繰り返す(時間的多発)、脱髄巣が多発する(空間的多発)のが特徴です。私達の神経活動は神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動によ […]

(^〇^)骨格筋の話

2017年10月14日 0

・骨格筋は多数の筋繊維の集合である。筋繊維は腱から腱へ平行に走るので、収縮する筋線維の数が増すとほぼそれに比例して筋全体の収縮が増大する。 ・骨格筋線維は直径10μmで、1本の筋線維は1個の細胞である […]

o^・^o内視鏡的胃粘膜切除術の話

2017年10月10日 0

 Endoscopic Mucosal Resectionの頭文字をとってEMRと呼ぶ。これは、胃内視鏡を用いて胃の粘膜を切除する方法で、手術ではあるが、開腹することなく行う方法であり、傷が無く、痛み […]

(*´ー`*)皮膚の話

2017年10月10日 0

皮膚の働き ①外界からの有害な影響から身体を保護 ②外界からの感覚刺激を受ける ③発汗による体内水分量と体温の調節   皮膚の構造 外から表皮、真皮、皮下組織の3層でなる。 表皮と真皮を合わ […]

1 2 3 4 44