スポンサード・リンク

(#^.^#)高次脳の話

2017年2月18日 0

運動、感覚などの知覚、認知、行動のプランニングとプログラミング、言語、記憶、注意などの統合的な機能を指す。   ●高次脳機能障害とは 脳の病気や事故など何らかの損傷が原因で、言語、記憶、行為 […]

(ノ´∀`*)関節と特徴の話

2017年2月18日 0

・関節の構 関節は可動性によって、可動関節と不動関節の2つに分類される。   ・可動関節 可動性がある関節で、ほとんどの関節がこれに相当する。相対する関節面は硝子軟骨で覆われ、関節包とよばれ […]

(。-∀-)抗がん剤と血管外漏出の話

2017年2月18日 0

化学療法中には0.5~6.5%程度の頻度で抗がん剤の血管外漏出が起こっているといわれている。どの抗がん剤でも、血管外漏出により局所の壊死を起こす可能性がある。皮膚や皮下組織に対する組織障害性・反応の強 […]

(*^▽^*)筋収縮の話

2017年2月18日 0

筋収縮とは筋の張力が発生することであり、必ずしも短縮を意味しない。 筋収縮はそのとらえ方により①求心性、遠心性、静止性、②等尺性、等張性、③相動性、持続性、緊張性の3通りに分けられる。   […]

(^◇^)軟骨組織と分類の話

2017年2月18日 0

軟骨組織は圧迫と屈曲に対して柔軟性を示す。 軟骨は(メス)で切断することができ、細胞と細胞間質(基質)とからなっている。 細胞間質の種類は軟骨の種類によって決まる。 硝子軟骨、弾性軟骨および線維軟骨が […]

v(・∀・*)嚢胞の話

2017年2月17日 0

顎骨および周囲軟組織に嚢胞腔を形成する諸疾患をいう。口腔は嚢胞の後発部位で、顎骨には歯原性上皮が存在するため、歯原性嚢胞が高頻度で見られる。 また嚢胞性病変として術後性上顎嚢胞が多く見られる。これは上 […]

(* ̄∇ ̄*)統合失調症の話

2017年2月17日 0

特徴は、内因性の精神障害、病因はいまだ不明である。 一般に、10代後半から30代前半に発病することが多い。   ①比較的急性に症状が出現する場合から、発病の仕方が潜行性で、疾患と受け止められ […]

v(・∀・*)脊髄損傷と福祉機器の話

2017年2月17日 0

完全損傷:必要な自助具・福祉用具等 C1-3 人工呼吸器、特殊な電動車いす、環境制御装置、電動ギャッジベッド C4 特殊な電動車いす、ヘッドポインター、環境制御装置、電動ギャッジベッド C5 電動車い […]

ヽ(^。^)ノ心臓と血管(冠状循環)の話

2017年2月15日 0

冠状循環(coronary circulation)は心臓を灌流する血管系である。 左右の冠状動脈は上行大動脈の基部[Valsalva(バルサルバ)洞]からおこり、心臓の表面で左右の2枝に分かれる。 […]

(。^。^。)大腿骨と骨折の話

2017年2月11日 0

○大腿骨頸部外側骨折 ・外側骨折は関節外で起こり、血流が豊富で海綿骨からなるため内側骨折に比べると骨折治療の条件はよい。 ・統計上では高年齢に多く、老人骨折治療の原則である早期離床、早期日常生活復帰を […]

ヾ(@゜▽゜@)ノ記憶の話

2017年2月11日 0

記憶の仕組み 記憶の第一段階 目で見たり聞いたり、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・体位の感覚体験の記憶を感覚記憶という。 神経線維を通して大脳半球の感覚野を刺激する。(嗅覚だけは大脳辺縁系の海馬に届く)記憶時 […]

(;・∀・)心臓と機能の話

2017年2月11日 0

心拍数(heart rate : HR) 安静時は主として副交感神経の影響下にあり通常は60~80拍/分であるが、運動時は交感神経の活性亢進、副交感神経の活性低下および血中カテコールアミンの増加により […]

ヘ(≧▽≦ヘ)♪慢性呼吸器疾患と運動療法の話

2017年2月10日 0

( *´艸`)題名:慢性呼吸器疾患と運動療法の話 運動療法を行うに当たって、症例の病態、運動能力の把握が重要である。 肺機能検査、安静時血液ガス分析、動脈血О2飽和度、心電図検査は必須である。 H-J […]

(〝⌒∇⌒〝)股関節屈曲の話

2017年2月10日 0

(~_~メ)題名:股関節屈曲の話 股関節の屈曲 膝jt屈曲位(0~120°) 膝jt伸展位(0~90°) 股jt屈曲の可動域は膝関節の肢位に依存する。 膝関節伸展位:0~90° 膝関節屈曲位:0~12 […]

( ;∀;)呼吸と特徴の話

2017年2月4日 0

( *´艸`)題名:呼吸と特徴の話 呼吸は、酸素の取り入れと二酸化炭素の排出を行っています。 肺換気量は、呼吸数と1回換気量の積で求めることができます。 肺胞換気量は、呼吸数と1回肺胞換気量(1回換気 […]

(* ̄∇ ̄*)ホルモンの話

2017年1月22日 0

(@_@;)題名:ホルモンの話 化学物質が分泌細胞から血液中に放出される現象を内分泌という。 これに対し、唾液などの消化液の分泌腺や汗腺などのように導管を介して放出される現象を外分泌という。 内分泌さ […]

(^w^)解離性大動脈瘤の話

2017年1月22日 0

(^_-)題名:解離性大動脈瘤の話  大動脈中膜の変性・嚢包中膜壊死のため、中膜が内外2層に解離し、その間(偽腔)に血腫を形成するものである。病因として、高血圧、動脈硬化、マルファン症候群、妊娠、外傷 […]

o(*⌒―⌒*)o正常歩行と加齢的変化の話

2017年1月22日 0

(・_・;)題名:正常歩行と加齢的変化の話 ●正常歩行 (重心の移動) 人間の歩行は身体の個々の部分の運動が三次元空間で同時に重なり合う複雑な現象であり、その分析はなんらかの原則に基づかないかぎり不可 […]

(* ̄∇ ̄)ノ血液ガスと換気の話

2017年1月21日 0

( `ー´)ノ題名:血液ガスと換気の話 動脈血ガス値には、呼吸機能障害の他に、循環や代謝障害に関する病態などの情報が種々含まれている。 ・動脈血炭酸ガス分圧 PaC02(動脈血炭酸ガス分圧)は40±5 […]

( ̄* ̄)固有受容性姿勢制御の話

2017年1月21日 0

“(-“”-)”題名:固有受容性姿勢制御の話 深部感覚:空間における姿勢の気づきや運動感覚、位置感覚、運動の抵抗感覚、重量の感覚、努力感覚、筋収縮のタイ […]

(*^-^*)心筋梗塞の話

2017年1月21日 0

(;O;)v題名:心筋梗塞の話 主として冠状動脈の粥状硬化症を基盤としておこり、それに血栓、出血が加わって冠閉塞がおこり、冠血流が完全に途絶、又は減少し、末梢の心筋組織が急速に虚血、壊死に陥ったもので […]

(/ー ̄;)神経障害性関節症の話

2017年1月21日 0

(^ム^)題名:神経障害性関節症の話 本症は中枢および末梢神経障害に起因する神経原性関節症は破壊性、増殖性変化をきたし,その終末像は著しい関節構築の破綻と不安定性に特徴づけられる。高度の関節破壊のわり […]

(´∇`)子宮筋腫の話

2017年1月18日 0

( `ー´)ノ題名:子宮筋腫の話  子宮の筋組織から発生する良性腫瘍である。原因は不明であるが、エストロゲンが腫瘍の増大に関係していると考えられている。発生部位別では子宮体部に発生する子宮体部筋腫、子 […]

(*^¬^*)特発性骨壊死の話

2017年1月18日 0

(^0_0^)題名:特発性骨壊死の話 特発性という語がついているものは原因が不明ということである。 特発性骨壊死は例外としてアルコールやステロイドによるものも含まれる。 理由は壊死する機序が解明されて […]

( ̄∇ ̄*)ゞ橈骨神経の話

2017年1月18日 0

( 一一)題名:橈骨神経の話 橈骨神経は、後神経束の延長である。 腕神経叢中最大の枝である。 上腕および前腕後面の皮膚や筋を支配する。 手では皮膚の一部を支配する。 腋窩を出た後、上腕深動脈と伴行して […]

(●^o^●)肩甲骨と動きの話

2017年1月18日 0

(・_・;)題名:肩甲骨と動きの話 肩甲骨の動き 肩甲骨の動きの関与する筋は、鎖骨下筋、小胸筋、前鋸筋、僧帽筋、肩甲挙筋、大・小菱形筋 の6筋が挙げられる。   鎖骨下筋 起始:第1肋骨上面 […]

(o^-^o)足部内がえしの話

2017年1月18日 0

(^o^)題名:足部内がえしの話 足部の内がえし (0~30°) 内がえし(内反)とは、足部の回外、内転、底屈が複合した運動である。   主動作筋 ●後脛骨筋 ●長指屈筋 補助筋 ●前脛骨筋 […]

( ´△`)筋萎縮性側索硬化症の話

2017年1月16日 0

(^ム^)題名:筋萎縮性側索硬化症の話 上位および下位運動ニューロンが変性する疾患で中年以降発症する。有病率は10万人当たり2~3人で男性のほうが女性より1.5~2倍多い。予後が悪く2~5年でほとんど […]

(*´-`)ヒステリーと解離性障害の話

2017年1月16日 0

(+_+)題名:ヒステリーと解離性障害の話 ヒステリー(解離性障害)とは一般的に、ヒステリーを単に感情的に興奮した状態を示すことが多いのですが、医学的には、神経病の一つの型で、自分では意識していないよ […]

(“⌒∇⌒”)頚髄損傷と家庭復帰の話

2017年1月16日 0

((+_+))題名:頚髄損傷と家庭復帰の話 頚髄損傷者は、下肢及び体幹が全く機能せず上肢の残存機能も少ないため、家屋環境によって生活の自立度が大きく異なってくる。頚髄損傷者の住宅改造の特徴としては、介 […]

(^◇^)パーキンソン病と変性疾患の話

2017年1月15日 0

(´・ω・`)題名:パーキンソン病と変性疾患の話 ○疾患像 1診断 1817年にJ.Parkinsonは振戦、筋固縮、姿勢反射障害を特徴とする1つの疾患群を記載した。パーキンソニズムは1つの症候群であ […]

(///∇///)脳梗塞と脳血栓の話

2017年1月15日 0

(*´з`)題名:脳梗塞と脳血栓の話 脳梗塞は、脳血管が閉塞し、その灌流領域にある脳組織が壊死に陥った病態である。 本症の成因としては、脳血栓症、脳塞栓症、脳出血に続発するもの、各種動脈炎などがあげら […]

1 2 3 4 5 45