スポンサード・リンク

(p^-^)p心臓カテーテル検査の話

2013年5月5日 0

(^0_0^)題名:心臓カテーテル検査の話 1)検査の意義と方法 ・目的 心臓カテーテルとは、大血管や心臓内へカテーテルを挿入し、①心臓・大血管内の圧曲線分圧、②心臓・大血管内の血液ガス分析、③心拍出 […]

v(・∀・*)心筋梗塞の話

2013年5月5日 0

(ーー゛)題名:心筋梗塞の話 ■解剖生理 <心臓の構造> (1)心臓の位置と外形 心臓は、胸壁の胸骨と肋軟骨の後ろに位置し、握りこぶしほどの大きさがある。胸腔の中で、左右の肺にはさまれた縦隔に位置し、 […]

(*´-`)消毒薬の話

2013年5月5日 0

(^o^)題名:消毒薬の話 <1>消毒薬とは何か 感染症をおこさない水準にまで病原微生物を死滅させ、減少させることを消毒といい、これに用いる薬を消毒薬という。一方、すべての微生物を死滅・除去することを […]

( ・∇・)小児気管支喘息の話

2013年5月5日 0

(*´з`)題名:小児気管支喘息の話 <呼吸器の解剖> 呼吸器は、呼吸に係わる鼻、咽頭、気管、気管支などの器官から構成されていて、生命維持に不可欠なガス交換を行う。 鼻腔から肺に至る空気の通り道を気道 […]

(*ToT)術後の合併症の話

2013年5月5日 0

●術後発熱 術後38℃以上の発熱がある場合は、その原因検索が必要である。必ず、臨床経過と身体所見を調べる。 発熱の原因はさまざまで、発熱すなわち感染とはかぎらない。とくに、術後早期(36時間以内)の発 […]

( ・∇・)急性乳幼児下痢症と急性胃腸炎の話

2013年5月5日 0

急性乳幼児下痢症と急性胃腸炎は、ウイルス感染などさまざまな原因により消化管が障害を受けて症状を示す疾患群。 原因が特定されれば独立した疾患として扱われる。 <症状> 嘔吐、発熱、下痢、腹痛などである。 […]

(^〇^)ネフローゼ症候群患児と看護の話

2013年5月5日 0

(*´з`)題名:ネフローゼ症候群患児と看護の話 1.腎臓の仕組みと働き ①腎臓の仕組み *腎臓 腎臓は第12胸椎から第3腰椎の高さに位置して、後腹膜腔内に左右一個ずつある。大きさは長さ約10cm×幅 […]

(*ノ▽ノ)視力検査の話

2013年5月5日 0

(#^.^#)題名:視力検査の話 視力とは、正確に定義すると視覚によって物体を認める力、視認力である。眼球、視神経、脳の働きの総和である。 1)目的 視力低下は眼球の変化、病変を示すのみではなく、視神 […]

(〝⌒∇⌒〝)腰部脊柱管狭窄症と看護の話

2013年5月5日 0

(・.・;)題名:腰部脊柱管狭窄症と看護の話 ●入院~手術前日まで (1)術前状態の把握 入院時の神経症状、疼痛部位、ADLの状態を把握する。とくに手術前の神経症状を把握しておくことは、経過を観察する […]

(。-∀-)口腔癌の話

2013年5月5日 0

!(^^)!題名:口腔癌の話 ■解剖生理 口腔は消化管の起始部で、食物の咀嚼、嚥下、構音などの機能を営む。口腔は前方は口唇に始まり、上方は硬口蓋および上顎歯槽、下壁は舌・口腔底および下顎歯槽、側方は頬 […]

(≧∇≦)血液・腹膜透析の長所と短所の話

2013年5月5日 0

(‘◇’)ゞ題名:血液・腹膜透析の長所と短所の話 ■血液透析 ◎長所 ・腹膜透析より透析の性能が高い。 ・透析のない日は比較的自由に過ごせる。 ・治療が行える施設が充実している […]

(。-∀-)口腔癌の話

2013年5月5日 0

(#^^#)題名:口腔癌の話 ■臨床像 ・結核菌軍による肺や気管支などの呼吸器病変を主とする全身感染症 ・飛沫核感染 ・治療は多剤併用療法による化学療法が主 ■発生状況(2007年) ・罹患状況: 新 […]

(。-∀-)気管切開の話

2013年5月5日 0

(#^.^#)題名:気管切開の話 局所麻酔下に皮膚、筋膜と切開していき、気管前壁を露出する。気管壁を縦に約2cm切開し、気管カニューレを挿入する。気管カニューレは人口呼吸器に接続できる。喉頭から気管ま […]

(〃^ー^〃)肝癌の話

2013年5月5日 0

(@_@;)題名:肝癌の話 ●解剖生理 肝臓および胆嚢の構造 (1)肝臓 肝臓は腹腔の右上部で横隔膜の直下にあり、赤褐色、重さ約1.2kgの実質臓器である。左方の小部分が正中線より左方にある。上面(横 […]

(。^。^。)移動の話

2013年5月5日 0

(*´з`)題名:移動の話 ■移動の意義 「動き」は人間の生き方、生活のすべてにかかわる最も基本的な事柄である。 「ごはんを食べる」「排泄をする」「髪を整える」「スポーツをする」など目的や方向性をもっ […]

(。-∀-)小児とバイタルサインの話

2013年5月5日 0

■バイタルサインアセスメントの重要性 小児は、生理機能が未熟であり、外界の刺激を受けやすく、それらによってバイタルサイン(呼吸・脈拍・心拍・血圧・体温)は変動しやすい。また、年少になるほど、小児自身か […]

v(・∀・*)ネブライザーの話

2013年5月5日 0

(@_@;)題名:ネブライザーの話 鼻・副鼻腔疾患の症例に対し、鼻処置後に行う保存的薬物吸入療法で、耳鼻咽喉科特有の治療の1つである。 ネブライザーの薬液は対象疾患により異なるので、十分確認したうえで […]

(o^・^o)ガウンと方法の話

2013年5月5日 0

(@_@;)題名:ガウンと方法の話 ①ガウンケッテルから滅菌ガウンを取り出し、広げる。 (ガウンは滅菌、手は消毒であるため、ガウンの表面には触れない) ②肩紐の左右どちらかを引っ張り水平で固定する。介 […]

O(≧∇≦)O糖尿病患者と生活環境の話

2012年1月26日 0

( *´艸`)題名:糖尿病患者と生活環境の話 近年の生活環境の変化は疾病構造の変化をもたらし、糖尿病などの生活習慣病を増加させています。 生活習慣病の増加に対する一次予防として、平成12年から「21世 […]

(^◇^)深部感覚性運動失調の話

2012年1月26日 0

(#^^#)題名:深部感覚性運動失調の話 ●深部感覚の解剖・生理 深部感覚の位置 深部感覚は末梢神経の太い線維で伝えられ、脊髄後根から入って同側の後索を延髄まで上行する。   深部感覚の構造 […]

(*^O^*)リネン交換の話

2012年1月26日 0

($・・)/~~~題名:リネン交換の話 ●目的 リネンを清潔なものにすることにより、保温力・吸収力を高め、皮膚の排泄機能を正常に保つ。また、気分を爽快にする。   ●使用物品 シーツ2、ベッ […]

( ̄∇ ̄*)ゞ小児と穿刺の話

2012年1月26日 0

●小児における穿刺 体腔穿刺には、骨髄穿刺、腰椎穿刺、胸腔穿刺、腹腔穿刺など様々なものがあるが、なかでも骨髄穿刺と腰椎穿刺は、特に小児に行われることが多い。 穿刺を行う際は、どの場合でも強制的な体位を […]

( ´,_ゝ`)脳卒中とリハビリテーションの話

2012年1月26日 0

急性期の理学療法 ●目的と基本的態度 急性期では救命、再発や病巣の拡がりの防止、合併症の予防、その他、不慮の事故の防止など、病型、病態に合わせて慎重にリスク管理をしながら理学療法を進めていかなければな […]

(*^_^*)慢性関節リウマチと評価の話

2012年1月26日 0

慢性関節リウマチの検査・測定および評価(評価表の作成、ADLの評価も含む) Ⅰ.診断基準 診断は6週間以上持続する対称性の多発関節炎と検査所見や骨X線所見により、アメリカリウマチ学会による診断基準がよ […]

(T.T)ベッドメーキングの話

2012年1月26日 0

( ☆∀☆)題名:ベッドメーキングの話 ●目的 ベッドメーキングは、患者が休憩・睡眠をとり、多くの時間を過ごすベッドを整えることを目的とする。 昨今の医療施設では様々な形態の寝具が考案され使用されてお […]

(●^o^●)足関節外側側副靭帯損傷の話

2012年1月26日 0

●発生機序 1991年のスポーツ安全協会 の報告では、全傷害発生277,376例中、手指部21,2%、足関節14.1%、膝部10.7%である。 足関節部傷害39,060例中、捻挫は31,545例と80 […]

1 42 43 44