スポンサード・リンク

(^q^)4月30日火曜日の日記

(((・・;)meal(((・・;)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、台湾まぜそばのカップ麺とランチパックとおにぎり食べました。

晩ごはんは、ぶりの照り焼きとカボチャなどを食べました。

 

(◎-◎;)event(◎-◎;)

自転車で職場へ行きました。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

今日は、平成天皇陛下の退位があります。

色々天皇制に対しては賛否両論ですが、私は天皇陛下に好感持てます。

小学生、中学生暗いまでは戦後の偏った教育を受けていた気がします。

私も天皇制に対して疑問がありました。

しかし、歴史を徐々に学んでいくうちに、近現代の天皇陛下は強力な権力をもっておらず下部組織が中心となって国家をうごかしていると感じます。

あまり深く理解しているわけではないです。

帰宅すると、長男が義父母の家へ泊まりに行ってました。

寂しくなって帰って来るかと思いましたが、風呂入って寝たようです。

平成最後、長男も成長したようです。

 

(´・д・`)health(´・д・`)

長男がおらず静かでリラックスできました。

 

(^ー^)study(^ー^)

今日は、CO2ナルコーシスについて勉強しよう。

CO2中毒症候群の重症型で、肺胞換気量の低下により高炭酸ガス血症をきたし、意識障害をきたした状態です。

呼吸不全、すなわち肺胞低換気があると動脈血CO2分圧が上昇し、CO2はH+よりも速やかに細胞膜を通過するので細胞内pHが急速に低下し、脳組織はアシドーシスとなります。

これが発症の原因と考えられる。

誘因となるものは高濃度酸素吸入、気道感染、うっ血性心不全、薬剤、ことにモルヒネやバルビタールの投与による呼吸抑制、麻酔、喘息発作などです。

肺胞低換気の患者では呼吸中枢はCO2上昇による麻酔作用により抑制を受け、したがって呼吸調節はCO2増加ではなくO2低下によって行われています。

一般身体症候は、高血圧、低血圧、心拍増加、発汗、皮膚発赤、胃腸管出血などです。

精神・神経症候:頭痛、軽い注意力欠如から昏睡までさまざまな型の意識障害、うっ血乳頭、振戦、顔面筋の細かいれん縮などです。

CO2ナルコーシスが生じている場合、まずはCO2ナルコーシスを引き起こしている原因を除去し、高濃度酸素の投与を中止します。

さらに人工呼吸器で呼吸を管理し、必要に応じて薬物療法が行われます。

 

\(^^)/count\(^^)/

日記42日目です。

スポンサード・リンク