スポンサード・リンク

(^q^)6月1日土曜日の日記

(・。・)meal(・。・)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、おにぎりを食べました。

晩ごはんは、はま寿司でお寿司を食べました。

 

(;_;)/~~~event(;_;)/~~~

今日は結婚記念日です。

といっても仕事です。

電動自転車で職場へ行きました。

午前中は外回りを行いました。

老人ホームで新規の利用者と面談しましたが、認知面に問題あるかな続かないだろうな。

昼は100均へ行き、自転車の鍵につけるキーホルダーを買いました。

午後は病棟でのんびり働きました。

帰宅すると、義父母を含めてはま寿司へ行きました。

いっぱい食べました。

長男は好きなものを食べてご機嫌でした。

帰宅すると、子供達をお風呂へ入れて寝かしつけました。

ゆっくりテレビを見ながら寝ました。

 

(・・;)))health(・・;)))

寿司は元気出ます。

 

(..)(__)study(..)(__)

今日は、風疹について勉強しよう。

はしかとして知られている風疹は、皮膚に発疹が存在する中で感染症です。

風疹は、空気を介して、または密着して拡散されるウイルスによって引き起こされます。

風疹(MMR)ワクチンはほとんどの子供たちに与えられています。

ワクチンを受けてほとんどの人が風疹に対する免疫を持っています。

成人では、ワクチンが完全に保護しないことがあります。

風疹の予防接種を受けたことがないと、子供と大人はこの感染症になるかもしれないです。

子どもたちは、一般的に数症状を有します。

発疹が表示される前に大人は、発熱、頭痛、一般的な不快感(倦怠感)、および鼻水が発生する可能性があります。

症状に気付かない場合もあります。

他の症状として、あざ(まれ)、目の炎症(血走った目)、筋肉や関節の痛みなどあります。

血液検査は、風疹に対して保護されるかどうかを確認するために行います。

妊娠する可能性のあるすべての女性が、このテストをする必要があります。

試験が陰性である場合、ワクチンを受けます。

この病気に対する治療法はありません。

患者は、発熱を低減するためにアセトアミノフェンを投与されます。

風疹は通常、軽度の感染症である。

感染後、人々は病気に対する免疫を持っている。

母親が妊娠中に感染した場合の合併症は、胎児に発生する可能性があります。

流産や死産が発生することがあります。

子供が先天性欠損症を持って生まれる可能性があります。

風疹を防ぐために、安全かつ有効なワクチンがあります。

風疹ワクチンは、すべての子供に推奨されます。

妊娠可能年齢の女性は、通常、風疹に対する免疫を持っているかどうかを確認するために血液検査を持っています。

免疫がない場合、女性はワクチンを受けた後28日間は妊娠を避ける必要があります。

 

(~_~)count(~_~)

日記74日目です。

スポンサード・リンク