スポンサード・リンク

(T.T)糖尿病の話


「糖尿病」の画像検索結果

( *´艸`)題名:糖尿病の話

 膵臓のB細胞のインスリン分泌不全あるいは作用不足によって体内で糖質、脂質、蛋白質の有効利用ができず高血糖となり、そのために生じる多様な症状をもつ慢性全身性代謝疾患である。病型はインスリン依存性(IDDM)と非インスリン依存性(NIDDM)及び他の疾患から続発する二次性のものに分類される。IDDMは自己免疫異常、ウィルス感染が原因で膵B細胞が高度の障害を受けて発症する。NIDDMは遺伝的素因としてインスリン合成・分泌機構の異常があり、これに肥満、過食、ストレス等が加わり発症する。二次性糖尿病として、膵疾患(膵炎、膵癌、膵切除後、ヘモクロマトーシス)内分泌疾患(末端肥大症、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症など)や薬剤(副腎皮質合成ステロイド剤、降圧利尿剤など)によるものがある。

病態アセスメント

 糖尿病は治療によりコントロールはできるが治癒を期待できない疾患であり、生涯にわたっての治療が必要となる。しかも罹患年数の増加、コントロールの状態によって糖尿病性細小血管症が合併してくるという他の慢性疾患とやや異なった病気である。そのため患者、家族に対して糖尿病コントロールの知識、技術の教育を主体とし好ましい健康パターンの確立ができそれに応じた保健行動を継続できるようにすることが重要である。

症状

 高血糖と代謝異常による症状として以下のものがある。

  • 口渇
  • 多飲
  • 多尿
  • 多食
  • 空腹感
  • 全身倦怠感
  • 易疲労感
  • 体重減少、等

 合併症による症状として以下のものがある。

  • 網膜症
  • 神経障害
  • 腎症
  • 脳血管障害
  • 虚血性心疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 感染症、等

検査

  • 尿糖
  • 血糖
  • 75gGTT
  • HbA1c
  • フルクトサミン
  • 血清生化学
  • 眼底検査
  • 胸部レントゲン検査
  • 心電図
  • 神経伝達速度、等

治療

 1.食事療法

 どの病型の糖尿病でも最も重要な治療である。制限範囲内のカロリーと栄養バランスを考えた食事を維持する事により、血糖レベルを正常に維持しインスリンを節約する。

 2.運動療法

 筋肉における糖の利用により血糖を下げインスリン需要を減少させる。

 3.経口血糖降下剤療法

 NIDDMで食事や運動だけで血糖コントロールが不十分な患者に血糖を下げこれを維持するために用いられる。

 4.インスリン療法

 血糖レベルを一定に維持するために特にIDDMにおいては欠かせない。インスリン注射液は速効性から遅効性まで幾種類かあり、用いる薬液の特徴を知っておくことが大切である。また普通のインスリン注射ではコントロールが困難な患者の場合、持続皮下インスリン注入療法(CSII)が行われることがある。

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 患者、家族に対する糖尿病コントロールの知識、技術の教育を主体とし好ましい健康パターンの確立ができ、それに応じた保健(療養)行動が継続できるようにすることが必要である。それには、以下のポイントがある。

  1. 血糖コントロールするための知識、技術の教育
  2. 血糖コントロール不良時に起こる急性、慢性合併症のケアおよび対処と予防についての教育
  3. 家族の療養上の支援者として、また糖尿病予備軍としての教育
  4. 患者、家族に対する心理、社会的サポート

「糖尿病」の画像検索結果

“(-“”-)”参考文献

医療学習レポート.糖尿病


スポンサード・リンク