スポンサード・リンク

(T-T)8月1日木曜日の日記

(^ー^)meal(^ー^)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、しゃぶ葉でしゃぶしゃぶ食べました。

晩ごはんは、南蛮漬けを食べました。

 

(^o^;)event(^o^;)

今日は誕生日です。

しゃぶ葉に行きます。

昼ごはんです。

朝の準備を済ませると、長男のビニールプールに水を入れました。

長男は喜んでいました。

非常勤の仕事を済ませると、家族でしゃぶ葉へ行きました。

牛カルビを生卵に特製タレにつけて食べると美味しかったです。

ワンカップのカレーライスも絶品で、一番始めに食べました。

カレーと鍋のスープをブレンドして、お肉を食べると新しい美味しさです。

家に帰って、子供達をお風呂へ入れてから花火大会へ行きました。

引っ越してからはじめての花火大会です。

今年は風向きが良く、良く見えました。

ちなみに長男から似顔絵のプレゼントをもらいました。

妻からは財布をもらいました。

家族団らんな日でした。

 

(*^.^*)health(*^.^*)

手作りのプレゼントをうれしいです。

 

(TT)study(TT)

今日は、腱板損傷について勉強しよう。

腱板で最も断裂の頻度が高いのは棘上筋腱です。

断裂は外傷によるものと、変性によるものとに分かれます。

外傷として直接腱板を切離したという報告もきわめてまれにみられるが、大多数は転落、転倒によるものです。

その際、肩を直接打ったり、肘や手をついて受傷したものです。

いずれも回旋筋群に瞬間的な収縮が生じ、自家筋力により腱板が断裂したと考えられるものです。

このことは後述する腱板再建術後のリハビリテーションについても重要なことで、自家筋力は再断裂を生じる最も大きな要因です。

変性は前述のように高齢者の腱板には多かれ少なかれ存在します。

最近のMRIを用いた研究では高齢者では無症候性の腱板断裂が高頻度に見つかっており、なんらかの小さな契機での肩の疼痛が生じたとしても、必ずしもその時点で腱板が断裂したわけではなおことは記載すべきです。

 

(^∧^)count(^∧^)

日記135日目です。

スポンサード・リンク