スポンサード・リンク

(T_T)7月16日火曜日の日記

φ(゜゜)ノ゜mealφ(゜゜)ノ゜

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、パンと缶コーヒーを食べました。

晩ごはんは、魚の照り焼きと切干大根と味噌汁を食べました。

 

(*^^*)event(*^^*)

今日は、火曜日で1日が長く感じます。

朝の準備を終え電動自転車で出勤しました。

朝から長男がごにゃごにゃ言っていたので心配でした。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

今日も患者さんの調子が悪く仕事が進みませんでした。

帰宅すると、家の前を掃除して子供達をお風呂へ入れました。

ご飯を食べてから、子供の楽器演奏を聞いていました。

その後は、子供達を寝かしつけました。

アイスを食べながらゆっくり過ごしました。

 

(((^^;)health(((^^;)

子供の楽器演奏は楽しいですが期待します。

 

(^。^)y-~study(^。^)y-~

今日は、肝癌について勉強しよう。

肝癌患者の多くは、慢性の肝障害で長い療養生活を経て、肝硬変から肝癌の状態に移行します。

その経過中に早期に肝癌が発見されることも多く、定期的な検査と治療が必要です。

そのために入退院を繰り返さざるを得ず、その療養中に、生活活動範囲はしだいに制限され、仕事や病気自体にストレスを感じていることも考えられます。

しかし、無症状であるがために、定期受診が疎かとなり、末期の肝癌の症状が出て、初めて分かる例もあります。

肝癌と診断されてからの経過が比較的長く、これまでの経過の流れから、血管腫と説明されることが多いです。

したがって、長期にわたる闘病生活を支援し、肝庇護を含めた生活が送れるよう援助しなければならない。

 

(^∧^)count(^∧^)

日記119日目です。

スポンサード・リンク