スポンサード・リンク

(*´ー`*)脳卒中とゴール設定の話

2016年11月12日 0

(@_@;)題名:脳卒中とゴール設定の話 ①短期ゴール(short term goal) 脳卒中では時期や障害度により異なるが、2~4週、長くても一ヶ月程度が望ましい。 ②長期ゴール(long ter […]

(。^。^。)脳卒中と病型別治療の話

2015年12月28日 0

(・_・;)題名:脳卒中と病型別治療の話 ●外科的治療 脳梗塞に対する外科的治療、特にEC-ICバイパスは顕微鏡下手術の進歩とCTスキャンの出現により1970年代から急速に発達してきた。 しかし198 […]

(*’-‘*)脳卒中に対する評価の意義と方法の話

2015年10月30日 0

(^0_0^)題名:脳卒中に対する評価の意義と方法の話 ●全身状態 目的 各種の検査測定を行い、障害増を評価するためには全身状態を把握することが必要です。 意識レベルの評価(JCS、GCS)を行います […]

(-_-;)脳卒中と評価項目の話

2015年10月27日 0

( `ー´)ノ題名:脳卒中と評価項目の話 急性期、回復期、維持期各々の検査・測定項目を障害の階層別に表したのが下記の表です。 評価に当たっては各回復段階に限りません。 処方箋および、それ以外に事前に得 […]

(^_-)脳卒中とロボットの話

2015年10月21日 0

(#^.^#)題名:脳卒中とロボットの話 ロボットスーツ Hybrid Assistive Limb(以下、HAL)はCYBERDYNE 社によって開発された身体装着型の動作支援ロボットです。 HAL […]

(^-^)脳卒中と嚥下障害の話

2015年9月24日 0

( ̄▽ ̄)題名:脳卒中と嚥下障害の話 脳卒中治療ガイドラインによると、急性期の脳血管障害では70%程度の割合で嚥下障害を認めるとされ、経口摂取を開始する前には、意識状態や流涎、水飲み時の咳や喉頭挙上な […]

(。 ̄x ̄。)脳卒中と筋力増強訓練の話

2015年9月21日 0

(・.・;)題名:脳卒中と筋力増強訓練の話 ●脳卒中の筋力低下 脳卒中片麻痺患者に生じる筋萎縮は、麻痺側・非麻痺側とも廃用の要素が大きく関与しているが、廃用だけでは筋萎縮の病態すべてを説明することはで […]

(。・o・)脳卒中のSTAGE別運動療法の話

2015年8月28日 0

(^ム^)題名:脳卒中のSTAGE別運動療法の話 ●StageⅠ 短期ゴール ①治療への参加 急性期には意識障害やコニュニケーション障害などのため、治療への参加が困難な場合もあり、意志疎通が可能になれ […]

(´>ω∂`)脳卒中とボツリヌス治療の話

2015年8月17日 0

(+_+)題名:脳卒中とボツリヌス治療の話 ボツリヌス毒素は、食中毒をきたす毒素であり、ボツリヌス菌より産出される。 本邦では、1996 年に眼瞼痙攣に対して承認され、その後、適応疾患が増え、2010 […]

(//∇//)脳卒中と装具の話

2015年8月9日 0

(・_・;)題名:脳卒中と装具の話 「脳卒中治療ガイドライン 2009」において、装具を用いた早期からの立位歩行訓練が推奨グレードAと認定された。 また麻痺が重度の場合、長下肢装具(以下 LLB)を用 […]

(o^O^o)脳卒中と耐久性訓練の話

2015年7月29日 0

(--〆)題名:脳卒中と耐久性訓練の話 ●座位保持 目的―――座位保持能力(安定性、耐久性)の強化 座位耐久性運動の基準 開始基準1.障害(意識障害、運動障害、ADLの障害)の進行が止まっていること2 […]

(´ー`)脳卒中の運動療法とポジショニングの話

2015年5月29日 0

(^o^)題名:脳卒中の運動療法とポジショニングの話 ●急性期理学療法 急性期では救命措置や内科的治療が優先される。理学療法の中心は ・関節拘縮や褥創等の廃用症候群をできるだけ防止すること ・ギャッジ […]

o(^▽^)o脳卒中と椅子立ち上がりテストの話

2015年4月12日 0

( ^)o(^ )題名:脳卒中と椅子立ち上がりテストの話 近年、高齢者の下肢筋力を簡便に評価する方法として30秒椅子立ち上がりテスト(CS-30)が注目されている。 CS-30は年齢ごとに基準値が定め […]

p(・・,*)脳卒中の起立性低血圧と治療の話

2014年12月31日 0

((+_+))題名:脳卒中の起立性低血圧と治療の話 ●起立性低血圧 起立性低血圧は、起立時に低血圧を起こすもので、起立時の血管運動反応の欠損が原因である。起立によって収縮期血圧が25mmHg、拡張期血 […]

(*T▽T*)脳卒中と肺炎の話

2014年11月21日 0

(^0_0^)題名:脳卒中と肺炎の話 脳卒中に関連した肺炎(stroke-associated pneumonia;SAP)は、意識障害や嚥下障害に伴って脳卒中急性期に12~23%にみられる。 SAP […]

( ; ̄ヘ)脳卒中の分類と発生機序の話

2014年9月22日 0

(・.・;)題名:脳卒中の分類と発生機序の話 ●分類 様々な分類が存在するが、「NINDSの脳血管障害の分類」で脳梗塞は以下のように分類される。 ・機序による分類 ①血栓性 ②塞栓性 ③血行力学性 ・ […]

(⌒ー⌒)o脳卒中のリスク管理と合併症の話

2014年9月22日 0

(^O^)題名:脳卒中のリスク管理と合併症の話 ●急性期合併症 合併症は生命予後の悪化と、リハビリテーション開始の遅れによる二次障害につながる。脳卒中患者の死亡原因は発症後1~2週は脳実質損傷や脳浮腫 […]

( ゚o゚)脳卒中と筋緊張の話

2014年9月21日 0

(~_~;)題名:脳卒中と筋緊張の話 ●筋緊張 骨格筋はたえず不随意に緊張した状態にある。安静時に、関節を他動的に屈曲・伸展するとき、わずかな抵抗を感ずることができる。筋固有の粘弾性と、筋伸張反射を介 […]

(⌒▽⌒) ノ脳卒中とOPE法の話

2014年9月20日 0

(^ソ^)題名:脳卒中とOPE法の話 発症3時間以内の超急性期血栓溶解療法をはじめ、脳保護療法、低体温療法など、最近の脳梗塞治療は著しい進歩をとげている。いずれも治療のターゲットとなっているのは虚血性 […]

(´;ω;`)脳卒中と血管内皮の話

2014年3月22日 0

( ̄▽ ̄)題名:脳卒中と血管内皮の話 脳卒中患者の血管内皮機能は健常者に比べ低下していると報告されている。 脳卒中片麻痺患者に対する膝関節の屈伸運動が血管の直径と血流を変化させると述べられている。 脳 […]

(*´ω`*)脳卒中と共同運動の話

2014年1月6日 0

(`・ω・´)題名:脳卒中と共同運動の話 脳血管障害後片麻痺者(以下、片麻痺者)では、皮質脊髄路からの下行性出力の減少や生理学的運動単位数の減少などの原因により運動に必要な筋を適切に働かすことが困難と […]

(///ω///)脳卒中と予後予測の話

2013年6月10日 0

(*´з`)題名:脳卒中と予後予測の話 脳血管障害の予後を推定することは、治療および介護の面からはもちろんのことリハビリテーションの計画を立てるうえからも極めて重要である。 脳卒中の発症時には、脳血管 […]