スポンサード・リンク

ヘ(≧▽≦ヘ)♪慢性呼吸器疾患と運動療法の話

2017年2月10日 0

( *´艸`)題名:慢性呼吸器疾患と運動療法の話 運動療法を行うに当たって、症例の病態、運動能力の把握が重要である。 肺機能検査、安静時血液ガス分析、動脈血О2飽和度、心電図検査は必須である。 H-J […]

(*^-^*)関節リウマチと運動療法の話

2016年1月7日 0

(^o^)題名:関節リウマチと運動療法の話 RA患者では運動と安静のバランスが大切であるといわれている。 炎症期には運動療法などの訓練は休ませたほうがよいと考えられる傾向にあるが、全身の安静が必要な場 […]

(*^_^*)心不全と運動療法の話

2015年9月24日 0

(゚∀゚)題名:心不全と運動療法の話 心不全症例に対する運動療法は運動耐用能を改善させるが、心機能とは関連がなく、骨格筋量・機能などの末梢機序を介する効果であるとされている。 近年心不全症例に対して、 […]

( ☆∀☆)半月板損傷と運動療法の話

2015年9月20日 0

( *´艸`)題名:半月板損傷と運動療法の話 ●解剖 関節半月は、多くの膠原線維質と、軟骨様細胞をもつ結合線維からなっている。これらの膠原線維には、2つの走行が目立って認められる。より強力な方の線維は […]

(*^O^*)疼痛と運動療法の話

2015年9月16日 0

(--〆)題名:疼痛と運動療法の話 A.痛みの病態生理 1.痛みの意義 痛みとは生体に対する警告信号であり、痛みによって生体は安静の必要性を認識し、その後の治癒が促進される。 つまり生体を守るために痛 […]

(^o^)腰痛と運動療法の話

2015年9月12日 0

(^_-)題名:腰痛と運動療法の話 筋の収縮により腰椎のアラインメントを正しくし、疼痛を軽減する。 筋力を強化することにより、体幹の機能も改善する。 さまざまな動作に際しては腰椎のみならず、体幹・上下 […]

(。・o・)脳卒中のSTAGE別運動療法の話

2015年8月28日 0

(^ム^)題名:脳卒中のSTAGE別運動療法の話 ●StageⅠ 短期ゴール ①治療への参加 急性期には意識障害やコニュニケーション障害などのため、治療への参加が困難な場合もあり、意志疎通が可能になれ […]

(゜▽゜*)感覚障害と運動療法の話

2015年7月17日 0

(^ム^)題名:感覚障害と運動療法の話 ●感覚入力刺激賦活訓練 姿勢、歩行に関する感覚入力の正常化は、視覚、迷路情報、および関節や筋肉からの固有受容感覚が必要である。視覚は動作の安全実施と障害物を避け […]

(`・ω・´)慢性心不全と運動療法の話

2015年6月1日 0

(^_-)題名:慢性心不全と運動療法の話 慢性心不全(Chronic Heart Failure:CHF)は心疾患における終末病態とされ、重症化すればその予後は極めて不良である。 本邦における慢性心不 […]

(´ー`)脳卒中の運動療法とポジショニングの話

2015年5月29日 0

(^o^)題名:脳卒中の運動療法とポジショニングの話 ●急性期理学療法 急性期では救命措置や内科的治療が優先される。理学療法の中心は ・関節拘縮や褥創等の廃用症候群をできるだけ防止すること ・ギャッジ […]

(*´∀`)多発性硬化症と運動療法の話

2015年4月27日 0

o(^▽^)o題名:多発性硬化症と運動療法の話 Ⅰ 時期別の理学療法アプローチ 文献により、急性期・慢性期や、経過上急性期・亜急性期・慢性期や、増悪期・寛解期・維持期(急性期・回復期・慢性期)などと分 […]

(・∀・)人工膝関節と運動療法の話

2014年2月22日 0

(*゚▽゚*)題名:人工膝関節と運動療法の話 膝関節では、従前は蝶番型の人工膝関節が試みたが、1970年代にInsallらが開発したtotal condylar kneeが長期成績の安定した膝関節のイ […]