スポンサード・リンク

( ☆∀☆)頚髄損傷と急性期の話

2017年11月7日 0

急性期では医学的管理と看護のもとに、受傷部の整復、固定の為ベッド上での安静臥床を余儀なくされる。理学療法は全身および局所状態の改善と二次的障害の予防に努め、早期に身体機能を取り戻し将来の自立に備えるこ […]

Ψ( ̄∇ ̄)Ψ頚髄損傷と発生原因の話

2017年2月27日 0

1)外傷性脊髄損傷の発生原因(日本パラプレジア医学会全国集計) 交通事故  :43.7%⇒四輪車45.8%、単車30.1%、自転車15.5%、歩行者5.9% 転落    :28.9% 転倒    :1 […]

(“⌒∇⌒”)頚髄損傷と家庭復帰の話

2017年1月16日 0

((+_+))題名:頚髄損傷と家庭復帰の話 頚髄損傷者は、下肢及び体幹が全く機能せず上肢の残存機能も少ないため、家屋環境によって生活の自立度が大きく異なってくる。頚髄損傷者の住宅改造の特徴としては、介 […]

( ; ゜Д゜)頚髄損傷と解剖生理の話

2017年1月7日 0

(+o+)題名:頚髄損傷と解剖生理の話 1)脊柱 脊柱33個 頚椎 7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨(5個の脊椎が融合)により成り立つ。   2)脊髄 脊髄は脳と延髄を介してつながり、脳と末 […]

( ・∇・)頚髄損傷と合併症の話

2016年9月6日 0

(^_-)題名:頚髄損傷と合併症の話 1)褥瘡 褥瘡は脊髄損傷に最もみられる合併症であり、尿路障害とともにリハビリテーションの最大阻害因子となり、ときには敗血、骨髄炎、関節炎、アミロイドーシスなどの原 […]

(*^¬^*)頚髄損傷とADLの話

2016年7月23日 0

(*´з`)題名:頚髄損傷とADLの話 1)食事動作 人間が生命を維持するための基本的動作であり、急性期より可能な限り早く自立をはからなくてはならない。たとえ箸の使用が困難なレベルであっても、特徴的な […]

ヽ(^。^)ノ頚髄損傷とリスク管理の話

2015年10月29日 0

(^〇^)題名:頚髄損傷とリスク管理の話 リスク管理 1)褥瘡 脊損者のリハビリテーションでは常に褥瘡の発生を念頭に入れて予防手段を講じていかねばならないです。 安静臥位の状態を保たなくてはならないと […]

(*´ー`*)頚髄損傷と発生機序の話

2015年10月8日 0

( `ー´)ノ題名:頚髄損傷と発生機序の話 1)過伸展(強力な外力で首を背屈したとき) 脱臼を伴うこともあるが、多くは骨に異常はなく、椎間板が損傷され隣接する前縦靱帯が損傷される。 このタイプの損傷は […]

(゚∀゚)頚髄損傷と離床期の話

2015年7月13日 0

( ´ ▽ ` )題名:頚髄損傷と離床期の話 ◆離床期 『離床前期』 1)血管運動神経調節の再教育 患者は長期臥床と麻痺による筋緊張低下、自律神経障害のため起立性低血圧を生じる。特に第5胸髄より上位の […]

(*^▽^*)頚髄損傷と心理の話

2014年11月8日 0

(~_~;)題名:頚髄損傷と心理の話 突然の受傷は身体機能面に大きな変化をもたらすばかりでなく、心理面にも多大な影響をもたらし、リハビリテーションの円滑な進行を妨げる要因として心理面の問題が指摘される […]

(。^。^。)頚髄損傷と診断の話

2014年11月3日 0

(~_~;)題名:頚髄損傷と診断の話 1)診察 ①問診 意識の清明な患者には受傷の場所と受傷機転をたずね、受傷時の体位、外力の加わった部位、方向、強さを知ることが重要である。軽微な外力で麻痺を生じた場 […]

o(^▽^)o頚髄損傷と社会参加の話

2014年2月1日 0

(´Д` )題名:頚髄損傷と社会参加の話 1)就労 脊髄損傷者の理想的なゴールは前職に復帰し、健常者とほぼ同じ条件で就労できることである。車椅子使用者の労働能力は単に仕事する能力だけでなく、作業環境、 […]