スポンサード・リンク

(“⌒∇⌒”)筋萎縮性側索硬化症動作とADLの話

2017年9月10日 0

Ⅰ.移動 1)歩行自立期 歩行を継続するようにする。 安全のためには、階段の滑り止め、段差の解消や手すりの設置といった家屋改造が有効な場合もあるが、家屋改造ができない場合でも、杖や歩行期の利用、既存の […]

(*^¬^*)頚髄損傷とADLの話

2016年7月23日 0

(*´з`)題名:頚髄損傷とADLの話 1)食事動作 人間が生命を維持するための基本的動作であり、急性期より可能な限り早く自立をはからなくてはならない。たとえ箸の使用が困難なレベルであっても、特徴的な […]

(#^.^#)呼吸器疾患とADLの話

2016年1月4日 0

( ^)o(^ )題名:呼吸器疾患とADLの話 Ⅰ.肺の解剖と呼吸整理 1.肺の解剖 肺はその機能により、気道、呼吸部(肺実質)とその接点部である中間領域の3つの部分に分けられる。   1) […]

(*^_^*)変形性関節症とADLの話

2016年1月2日 0

(・.・;)題名:変形性関節症とADLの話 各疾患、障害のADLの特徴 変形性関節症(osteoarthrosis:OA) Ⅰ.概念 変形性関節症(以下OA)とは、中高年にみられる疾患で進行性の関節軟 […]

(* ̄∇ ̄)ノ慢性関節リウマチとADLの話

2016年1月2日 0

(・_・;)題名:慢性関節リウマチとADLの話 ●概要 Ⅰ.疼痛の影響 RA患者の活動能力は、疼痛の状態により大きく左右されるということを常に念頭に置かなければならない。 RAの疼痛の状態は、病勢、薬 […]

(´・_・`)進行性筋ジストロフィーとADLの話

2015年10月11日 0

(´;ω;`)題名:進行性筋ジストロフィーとADLの話 Ⅰ.はじめに 進行性筋ジストロフィーとは、「骨格筋の変性、壊死を主病変とし、臨床的には進行性の筋力低下と筋萎縮を示す遺伝性の疾患である」と定義さ […]

(´ー`)筋萎縮性側索硬化症とADLの話

2015年8月26日 0

( ´ ▽ ` )題名:筋萎縮性側索硬化症とADLの話 1.原因:不明.上位および下位運動ニューロンが選択的に変性(慢性進行性変性疾患)。 遺伝・外傷・中毒・代謝・栄養・ウィルス・金属などが指摘されて […]

( ̄^ ̄)高齢者とADLの話

2015年6月12日 0

( ´ ▽ ` )題名:高齢者とADLの話 退院後在宅へ帰った患者の約半数は、入院中よりもはるかに元気になり在宅で生き生きと暮らしている半面、約半数は活動性が低下し、寝たきりに近い状態になっていたと報 […]

v(・∀・*)下肢切断者とADLの話

2015年4月6日 0

!(^^)!題名:下肢切断者とADLの話 ●ADLにおける下肢の働き ADL動作において下肢は、①動作が行われる場所への移動(歩行など)、②動作が行われる姿勢の保持とその変更(しゃがむなど)、③下肢へ […]

(´・c_・`)脳卒中片麻痺患者とADLの話

2014年10月13日 0

(~o~)題名:脳卒中片麻痺患者とADLの話 Ⅰ.片麻痺患者ADL障害の特徴 ①上肢の残存能力とADLは関係あるが比例はしない ②患側上肢が利き手か否かで影響を受ける ③健側上下肢の機能は必ずしも正常 […]

( ̄Θ ̄;)脳血管障害の訓練量とADLの話

2014年9月30日 0

(~_~;)題名:脳血管障害の訓練量とADLの話 2006 年度の診療報酬改定により、回復期リハビリテーション(以下、リハビリ)病棟では、保険診療によって保障される訓練時間の上限が一日 6 単位(2時 […]

(・_・?)片麻痺とADLの話

2014年9月21日 0

(・ω・o)題名:片麻痺とADLの話 片麻痺のADLの特徴 ①上肢の残存能力とADLは関係はあるが比例はしない ②患側上肢が利き手か否かによってADLは影響を受ける ③健側上下肢の機能は必ずしも正常で […]