スポンサード・リンク

(ToT)変形性股関節症の話


「変形性股関節症」の画像検索結果

(//∇//)題名:変形性股関節症の話

関節軟骨の老化や磨耗によって起こる軟骨と骨の進行性の変性疾患。

股関節・膝関節・足関節などの荷重関節(体重がかかる関節)は肩関節・肘関節・手関節などの非荷重関節(体重がかからない関節)に比べ、関節軟骨に負担が強いられる。

そのため、荷重関節(股関節・膝関節・足関節・脊椎など)は非荷重関節(肩関節・肘関節・手関節など)に比べ、変形性関節症を起こし易くなる。

変形性股関節症は一次性(原因不明のタイプ)と二次性(原因が明らかにあるタイプ)に分けられる。

わが国では変形性股関節症の90%以上が二次性である。

二次性の原因としては臼蓋形成不全と先天性股関節脱臼が大半(90%)を占めており、多くは女性に好発する。

その他外傷後(大腿骨頚部骨折、股関節脱臼など)や炎症性、感染性疾患後の発生も見られる。

二次性の病態メカニズムは、臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼などにより、臼蓋と骨頭の生理的(正常)な位置関係が破綻し、臼蓋と骨頭の接触面積が減少することによって生じる。

すなわち、関節軟骨は骨頭と臼蓋の生理的な接触と適度な圧迫により、滑液(関節液)から栄養を受けている。

もし、臼蓋と骨頭の正常な位置関係が壊れると、軟骨は滑液からの栄養が途絶えて変性する。

さらに、変性は軟骨から骨、滑膜、腱、筋肉へと悪循環していく。

やがて、軟骨と骨は破壊と修復反応を繰り返えし、次第に進行し、関節の変形が完成される。

 

症状として股関節痛や運動制限、歩行障害がある。

股関節痛は歩行や運動開始時に増悪し、安静で軽快する。

しかし、進行すると安静時痛や夜間痛も出現する。

診断は問診(臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼などの既往)に留意し、診察所見とレントゲン検査にて容易である。

レントゲン検査では、関節の適合不全(関節のはまりが悪い状態)、関節裂隙の狭小化(関節のすき間が狭くなる状態)、骨の硬化像(骨が硬くなっている状態)、のう腫形成(骨に穴があいている状態)、骨棘形成(骨のとげ)などの所見を認め、レントゲンの所見によって前股関節症、初期股関節症、進行期股関節症、末期股関節症の4つに分類される。

(^_^)参考文献

医療学習レポート.変形性股関節症


スポンサード・リンク