スポンサード・リンク

(TT)心臓カテーテル法の話


(・_・;)題名:心臓カテーテル法の話

心臓腔内にカテーテルを挿入し、それぞれの場所の内圧・圧波形を描記したり、カテーテルから採血して酸素の含有量や飽和度を測定する方法で、右心カテーテル法と左心カテーテル法がある。

また、近年は診断的カテーテル方に加えて冠動脈狭窄病変部位をバルーン付きのカテーテルで開大したり(PTCA)、ステントという金属のコイル状の物質を狭窄部位に挿入することで治療を行うなど、カテーテル・インターベーションもさかんにおこなわれるようになった。

 

目的

1.カテーテルの走行などから心内または大血管の疾患を知る。

2.各部位の血液酸素の含有量や飽和度から、短絡の有無・部位・大きさを知る。

3.各部位の圧力と圧波形を見ることによって、心臓や血管中の狭窄の有無、部位とその程度、弁膜の逆流の状態などを知る。

その他にも、心拍出量の有無、心血管撮影法、心腔内心電図、ヒス束心電図、などにも応用され、心臓や血管の精密検査には欠かせないものである。

 

方法

右心カテーテル法

静脈カテーテル法とも言われ、左の肘静脈または大腿静脈からカテーテルを挿入する

静脈を切開露出する場合もあるが、最近では経皮的に穿刺して静脈内にカテーテルを挿入することが多い。カテーテルは大静脈—右房—右室—肺動脈—肺動脈末梢へと挿入され、その各部位で血液を採取し、酸素含有量または飽和度を測定する。また各部の圧波形も記録する。

左心カテーテル法

大腿動脈から挿入して、腹部大動脈・胸部大動脈・大動脈弁を経過して左室へカテーテルを進める方法と、上腕動脈から大動脈弓・大動脈弁を逆行して左室へカテーテルを進める方法が一般に用いられており、これを逆行性カテーテル法という。また、ブロッケンブローなどの特殊なカテーテルを大腿静脈から挿入して、右心カテーテル法と同様に右心まで挿入し、ここで卵円かにあてたあと、心房中隔を突き破って左房に進め、左心系を検査する経中隔左心カテーテル法も行われる。いずれもX線透視下にカテーテルを進める。

(#^.^#)参考文献

医療学習レポート.心臓カテーテル法


スポンサード・リンク