スポンサード・リンク

v(・∀・*)化学伝達物質と受容体の話


(^O^)題名:化学伝達物質と受容体の話

すべての自律神経節前線維末端からはアセチルコリンが放出され、節後線維の細胞体に作用する。

交感神経節後線維からは一般にノルアドレナリンが放出されるが、例外として汗腺、骨格筋の血管支配の交感神経節後線維からは、アセチルコリンが放出される。

副交感神経節後線維からは一般にアセチルコリンが放出される。

アセチルコリンを放出する線維をコリン作動性線維と呼び、ノルアドレナリンを放出する線維をアドレナリン作動性線維と呼ぶ。

アセチルコリン受容体には、ムスカリン性受容体とニコチン性受容体の2種類があるが、分泌腺や平滑筋にあるものは前者である。

自律神経節節後細胞にはニコチン性受容体が存在する。

カテコールアミン受容体にもα、βの2種類がある。

 

神経細胞自身の中では情報は、電気的、化学的に伝わりますが、神経細胞と次の神経細胞の間は物理的には接続されていないで、シナプスという構造によって繋がっています。

そして、このシナプスでは、情報は化学物質によって伝達されます。

 

数多い神経伝達物質の中で特に重要なものには「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「アドレナリン」「セロトニン」「アセチルコリン」および「γ-アミノ酪酸(GABA:ギャバ)」などがあります。

(´・_・`)参考文献

医療学習レポート.化学伝達物質と受容体


スポンサード・リンク