スポンサード・リンク

v(・∀・*)腰椎分離症の話


「腰椎分離症」の画像検索結果

(・_・;)題名:腰椎分離症の話

腰椎椎弓を構成する上・下関節突起の間の関節突起間部の連続性が断たれた状態をいう。

青少年期の過度のスポーツが原因の1つと考えられることから重要である。

多くはL5椎に発生し、Ⅹ線学的には45°斜位撮影像でよくとらえられる。

 

原因・病理

エスキモーで発生率が非常に高いこと、潜在性脊椎披裂を併存する傾向、同一家計に発生する例があることから、かつては遺伝的素因説が有力であった。

青少年の約10%にみられ、スポーツ愛好家や選手ではスポーツの種類によっても異なるが通常の子供の約3倍にも及ぶ。

これらのことから、最近は成長期での活発な運動で、とくに腰椎の強い伸展・屈曲による荷重が関節突起間部に繰り返し加わって生じるストレス骨折と考えられるようになっている。

したがって、分離部の組織所見は骨折の偽関節に近似している。

分離した椎体と椎弓はそれぞれ安定性を失う。

すぐ下の椎間板が変性に陥ると、椎体は前方へすべり出し、分離性脊椎辷り症となる。

 

治療

青少年の脊椎分離症は、腰痛が生じて間もなくであれば保存的治療で癒合を期待できる。

すなわち、スポーツ活動を少なくとも半年間中止させ、硬性コルセットを厳格に装着させる。

選手である場合には、取り残されることを心配するために心理的ストレスや落胆に陥りやすいので、温かく上手に対応することが大切である。

成人の脊椎分離症は、保存的治療で分離部は癒合しない。

しかし、放置して腰痛が必発というわけでもない。

強い腰痛が持続し仕事やスポーツに支障が大きければ、分離部の搔爬、骨移植術や脊柱固定といった手術が行われることがある。

「腰椎分離症」の画像検索結果

((+_+))参考文献

医療学習レポート.腰椎分離症


スポンサード・リンク