スポンサード・リンク

v(・∀・*)骨変形と下肢変形の話


「骨変形と下肢変形」の画像検索結果

(´・ω・`)題名:骨変形と下肢変形の話

病態概念

下肢の変形とは

 種々の先天性疾患、あるいは後天性疾患によって起こる。先天性疾患には骨形成不全症、内反足などがあり、遺伝因子の異常による胚芽欠損から発生するもので、妊娠前期に起こる一次性のものと、異常な機械的圧迫による子宮内の発達過程中における負荷抑制によるもので、妊娠後期に起こる二次性のものがある。後天性疾患には、骨折による転位や、外傷や腫瘍による骨端線の損傷による変形などがある。

病態アセスメント

 生命に関わらないため早期に手術が必要ということはないが、変形による疼痛のため将来的に歩行障害を認めるようになり社会活動が障害されるようになる。幼少の頃から変形を認めた場合、容姿の面で精神的にもいろいろな苦痛があると考えられる。その人の運動障害の程度、社会活動の状況などを把握し、精神面での援助、日常生活面での介助を行っていくことが大切である。

症状

 肉眼的変形、膝関節や足関節の運動時痛あるいは歩行時痛、関節可動域制限、歩行障害などを認める。

検査

  • 病歴
  • 理学的検査
  • X線写真
  • CTスキャン
  • 生化学検査及び血液一般検査

治療

 新生児や乳幼児では保存的療法(徒手矯正、絆創膏固定、ギブス固定)が行われる。保存的療法で十分な矯正が得られない場合、乳幼児では後方解離術、腱移行術が行われる。
年長児、成人では骨切り術が行なわれ短縮分は補高用具で調整されるか、オルソフィックスやモノチューブなどの創外固定器を使用し矯正、延長される。
イリザロフ創外固定器は、三次元的に矯正ができる、生体に対する侵襲が少ない、術後ただちに機能回復訓練ができるという利点があるため、近年ではこの創外固定器を使用した治療が盛んである。

術後の経過と管理

 矯正、延長は術後約1週間より開始する。通常0.5~1㎜/日の速度で延長が行われる。矯正の場合は、延長バーの長さがそのまま軟部組織の延長速度となることはなく、2㎜/日程度となる。ガーゼ交換は、術直後はほとんど毎日、浸出液が落ち着いたら週2回マスキン液にて行われる。浸出液が少なければマスキン浴も行われる。仮骨の形成状態や矯正角度は、1~2週間に1回のX線検査でチェックされる。
骨延長における軟部組織の短縮は骨の機械的延長に伴って生じる相対的な短縮である。軟部組織の短縮により隣接する関節が拘縮を起こしやすい。また延長速度が速すぎると短縮した軟部組織の緊張をさらに強めることになり、脚延長では軟部組織の延長速度を考慮した対応が重要となる。
創外固定はX線像で骨硬化が良好となったら抜去され、PTB装具などをしばらく使用する。延長部の強度に不安がある場合はギプス固定を行うこともある。ケースによりばらつきが見られるが、創外固定が抜去されるのは術後3カ月~約1年であり、その間の精神面での援助も必要である。

 1.精神的サポート

 術後の強い疼痛、足が串刺しになっているその外観、移動困難であることから、疼痛の不安、日常生活についての不安、創外固定器の装着が長期にわたることなどいろいろな不安があると考えられるが、それらの不安に対して精神的援助が必要である。

 2.疼痛の管理

 手術後の疼痛は、術式や挿入部位によって異なり個人差が大きいが、患者に我慢させず十分に疼痛を和らげるべきである。術後の創痛は2~3日で落ち着くが移動時に痛みが増強することが多いため移動時の介助が必要となる。

 延長を開始すると皮膚、軟部組織の緊張に伴う痛みが生じる。痛みの程度と部位を観察し、それに応じた対処が必要である。

 3.創の処置

 ガーゼ交換時に手術創、ピン刺入部をよく観察する。抜糸が終了したら、あとはピン刺入部のみのガーゼ交換となり浸出液が少なければ1週間に2回のガーゼ交換でよい。患者にはピン刺入部を清潔に保つ必要があることの説明が必要である。

 4.延長の管理

 延長開始となったら医師と共に患者又は家族への指導を行い、患者が確実な延長手技を自立できるよう援助する。

 5.患肢の観察

 足趾・足関節の底背屈運動の可否、患肢の腫脹・知覚異常の有無の観察を行い、異常があれば医師に報告する。

 6.関節の拘縮予防

 軟部組織の短縮により隣接する関節が拘縮を起こしやすいため、他動運動による拘縮の予防が必要である。足関節については尖足予防として足底板の装着が行われる。

 7.筋力の低下防止

 術後の疼痛、安静のため筋力の低下がみられる。早期よりセッティング運動、SLRなどの指導が必要である。

 8.衣服の工夫

 外観が大きいため衣服にも工夫が必要である。パンツは足を通さなくてもよいようにサイドが開くもの、ズボンはサイドに襠をつけ広くし、紐やマジックテープでとめるようにするものを準備した方がよい。

 9.ADLについて

 創外固定器の挿入部位によってADLの拡大には差がある。両側に挿入されている場合では、ヒップアップも困難であるためADLはほぼ全面介助となる。また、褥創の発生も考えられ予防も必要となる。片側に挿入されている場合でも、大腿から足までおよぶ場合と下腿だけの場合とでは、ADLの拡大には差があり、そのケースに応じた介助が必要となる。

術後合併症

 1.ピン刺入部感染

 イリザロフ創外固定器に使用するワイヤーは、通常の創外固定器に用いられるものに比べて直径が細いため感染の確率は低い。しかし、軟部組織の豊富な場所では一過性にピン周囲の浸出液が認められる場合がある。

 2.関節拘縮

 骨延長に相対し軟部組織は短縮する。そのため隣接する関節が拘縮を起こしやすい。

 3.腓骨神経麻痺

 手術手技、術後腓骨小頭部の圧迫、延長中の延長速度による神経への障害などから腓骨神経麻痺が起こることがあり、足部のしびれの有無、足趾足関節の背屈の有無の観察が必要である。

 4.ピンの破損

 ピンは直径2㎜以下の細いものが使用されている。長期にわたり強固な力が加わることによりまれにピンの破損が見られることがある。

 5.仮骨部の骨折

 創外固定器抜去後、骨硬化が十分でないうちに荷重すると仮骨部で骨折をおこす。予防としてPTB装具の装着や、ギプス固定が行われる。

看護計画(術前)

Ⅰ.病態アセスメント(術前)

 入院時より、変形による疼痛を生じていることがあるため、それに対する処置が必要である。
骨の変形の治療として近年はイリザロフ創外固定術が行われているが、イリザロフ創外固定術といっても患者はイメージできない。実際に見ても、創外枠組み自体のかさばりや重量感、外観がグロテスクなことなど精神面の問題も大きいものと思われ、術前からイメージができるように援助が必要である。

看護計画(術後)

Ⅰ.病態アセスメント(術後)

 全身状態が外科的侵襲より回復するまでの2~3日は、全身状態や創痛の管理が重要となる。
術後の疼痛が、患者にとって最も苦痛である。その苦痛が最小限になるように援助することが重要となってくる。同時に、創外固定部位の感染の予防に努め、また、関節拘縮や筋肉の萎縮、筋力の低下といった二次的障害を予防することが大切である。
患者によっては、両大腿、両下腿、一方の大腿・下腿、一方の大腿のみ、一方の下腿のみといったように創外固定器の挿入部位が異なる。その挿入部位によって患者の行動制限に違いが生じ、各患者に応じた看護援助が必要となってくる。

「骨変形と下肢変形」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

医療学習レポート.骨変形と下肢変形


スポンサード・リンク