スポンサード・リンク

( v^-゜)♪精神分析療法の話


( *´艸`)題名:精神分析療法の話 

S.Freud(フロイト)によって、19~20世紀初頭にかけて創始された。

精神分析療法は力動的精神療法の母胎であり典型である。

現実のなかでなんらかの心理的困難に直面し解決できないと、われわれの心(自我)のなかには葛藤が生じる。

自我はその葛藤状況から自らを守るために、さまざまな防衛機制を働かせるが、解決できない場合、多くは葛藤を無意識のなかに抑圧してしまう。

これによって一時的に心の安定は保てるが、無意識内の葛藤は析にふれて自我を揺さぶる。

その結果、不安を中心とする精神症状や身体症状が表面に現れる。

これが神経症性障害である。

したがって、その治療では、無意識に抑圧されている葛藤の解決が基本となる。

このための治療上の技法が自由連想法である。

これは、患者を寝椅子に横にさせ、治療者はその背後にいて、患者の心に浮かんだことをそのまま次々に話させ、治療者はその内容を分析して、患者の抑圧された葛藤を明らかにする。

定型的には、1日1回45分程度の面接を日を改め、連続して行う。

治療者はまず自分自身が精神分析を受け(教育分析)、専門的に訓練を受けて初めて精神分析を行う資格を得る。

神経症性障害が主な対象であり、統合失調症、躁うつ病には適用されにくい。

今日、こうした古典的精神分析療法がそのまま行われることは必ずしも多くはなく、なんらかの形で修正され、力動的精神療法の名称で行われている。

基本的にはFreud以後の精神分析学の成果を取り入れ、実践的には、より簡略に行われている。

患者の示す心理・行動上の問題を自我防衛機劃から理解すること、患者・治療者間の関係〔転移(transference)〕に注目し適切に処理すること。

患者の自己洞察を深め自己評価を高めることなどが目標となる。

(*´з`)参考文献

実習対策レポート.精神分析療法


スポンサード・リンク