スポンサード・リンク

v(*’-^*)逆流性食道炎の話


(=_=)題名:逆流性食道炎の話

胃液または腸液が食道内に逆流して起こる食道炎で、「消化性食道炎」とも呼ばれ、食道炎の中でも最も頻度が高い。

下部食道括約筋の障害により、胃液が逆流して、食道粘膜のびらん(ただれ)状浮腫、扁平上皮の減少、細胞浸潤、線維化などの炎症症状がみられる。

加齢による食道下部の筋力低下や、肥満、妊娠などにより腹圧が上がり胃液が逆流する疾患である。

食べ過ぎ、飲みや脂肪分の多い食生活により、胃の動きが悪くなることもある。

 

逆流性食道炎は、食道に胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つけることで起こる炎症です。

胃を切除した人や高齢者に多くみられますが、肥満や妊娠によって胃酸の逆流が起こることもあります。

欧米と比べると日本人には少ない病気でしたが、最近急激に増えています。

ピロリ菌の除菌後6~8カ月間、一時的に起こりやすくなります。

 

もし食道から喉にかけて焼ける様な痛みがありなかなか治らず、また食事中の激しい胸痛、また突発的に起きる咳などの症状があるのであれば逆流性食道炎の疑いがありますので、出来るだけ早いタイミングで医師に相談するようにしましょう。

(+_+)参考文献

医療学習レポート.逆流性食道炎


スポンサード・リンク