スポンサード・リンク

v(^o^)耳の話


「耳」の画像検索結果

(--〆)題名:耳の話

耳は聴覚と前庭感覚としての機能を持つ。基本的な働きは音の振動や液体の動きのような物理的な力によって神経インパルスが生じ、最終的に音やバランスとして認識される。耳の解剖学的な領域として①外耳、②中耳、③内耳に区分される。

①外耳

外耳は耳介と外耳道の2つの部分からなる。耳介は頭の側面にあり、外耳道の開口部を取り囲む付属器官である。外耳道は約2.5㎝の長さの曲がった官である。外耳道は側頭骨の中に取り込み鼓膜で終わる。鼓膜が外耳と内耳の境界となる。外耳道を伝わってきた音波は鼓膜をたたき、これを振動させる。

②中耳

忠治は側頭骨内の空洞にあり、小さく非常に薄い上皮細胞によって裏打ちされている。そこにはツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の3つの骨で形成される耳小骨が存在する。鼓膜に伝わった震動はツチ骨~アブミ骨を介して前庭窓(卵円窓)に圧力をかける。この前庭窓が中耳と内耳の境界となる。音(空気の波)が鼓膜を振動させ、その振動が中耳を通過する際に耳小骨によって増幅される。前庭窓に対するアブミ骨の圧力は内耳における液体の動きを引き起こす。また中耳は耳管をかいして咽頭と連結しているので鼓膜の両側の気圧はほぼ等しいとされている。

③内耳

内耳にある受容器が活性化すると神経インパルスが発生し、聴覚あるいは平衡覚が生じる。側頭骨の中には骨迷路という管路があり、その中に外リンパの液に満たされた状態で骨迷路の複製にちかい形の膜迷路が入っている。これらを合わせて内耳という。膜迷路は蝸牛管と、3つの半規管と2つの耳石器(卵形嚢と球形嚢)に分けられ、内リンパという粘性の高い液体で満ちている。これらのうち聴覚に関係するものは蝸牛管で、半規管や耳石器は合わせて前庭器官と呼ばれて平衡感覚の感覚器となる。

 

聴覚

音波が蝸牛構造に与える効果として、音波は鼓膜をたたき、振動させる。この振動が前庭窓の膜を振動させる。この振動は骨迷路の蝸牛部の外リンパを動かし、それを介し膜迷路の蝸牛(蝸牛管)にある内リンパを動かす。内リンパのこの動きがコルチ(ラセン)器管にある有毛細胞を刺激し、神経インパルスを発生させる。この神経インパルスは蝸牛神経を伝わり前庭神経と合流し第Ⅷ脳神経となる。このインパルスは最終的に大脳の聴覚野に到達して音として認識される。

 

前庭感覚

前庭感覚の効果は加速度を感知することである。生体が運動すると回転加速度と直線加速度が生じ、さらに運動の有無に関わらず一定の大きさと方向をもつ直線加速度(重力加速度)が常に作用している。感覚器は3つに半規管と2つに耳石器からなり受容期細胞である有毛細胞は(回転、直線)加速刺激を前庭神経の活動電位に変換する。耳石器は卵形嚢と球形嚢の内腔にある小さい粒子で、加速度に反応する平衡斑の一部であり、前庭神経線維につながり、その後は蝸牛神経と合流し第Ⅷ脳神経へと情報が送られる。

「耳」の画像検索結果

(*^。^*)参考文献

医療学習レポート.耳


スポンサード・リンク