スポンサード・リンク

(^w^)リンパ球の話


「リンパ球」の画像検索結果

(´・ω・`)題名:リンパ球の話

免疫に関係する細胞はリンパ球で、細胞免疫に関係するTリンパ球と、液性免疫に関係し免疫抗体を産生するBリンパ球-形質細胞が区別される。

 

Tリンパ球は移植免疫のほかウイルス、真菌およびある種の細菌(たとえば結核菌)感染に対する防御反応に関係する。

Tリンパ球では抗体の生成、分泌は行わない。

Tリンパ球はいくつかの集団がある。

エフェクターT細胞:活性化T細胞のほとんどがこれで、リンフォカインと総称される一連の液性因子を放出する。これらの中には、抗原細胞を攻撃、破壊する因子、大食球を抗原所在場所に引き止める因子、顆粒球の遊走促進因子などが含まれる。

メモリーT細胞:ごく一部は活性化を引き起こした抗原情報を記憶したまま長期にわたり非分裂、休止状態を維持し、同一抗原が再度浸入した際の活性化に備える。

ヘルパーおよびサプレッサーT細胞:この小集団はBリンパ球に働いて体液性免疫反応を制御する。

 

Bリンパ球は浸入抗原に対する特異抗体を作り、いわゆる体液性免疫における中心的役割を果たす。

Bリンパ球の細胞表面にはもともと免疫グロブリンIgDが結合しており、これが浸入抗原に対するいわばレセプタとなって抗原が結合する。

この抗原結合がきっかけで特定のBリンパ球集団の増殖、成熟化が始まり、最終的に特異抗体の産生、分泌が極めて盛んな形質細胞となる。

またこの成熟過程中に、最初細胞膜表面に結合していた免疫グロブリンはいつしか消失してしまう。

Bリンパ球は定着性であるため以上のようなB細胞系活性化が全身におこるには可動性Tリンパ球(ヘルパーおよびサプレッサー細胞)の助けが必要である。

Bリンパ球や形質細胞から分泌される抗体は血漿その他の体液中にあって、対応する特異抗原との間に抗原-抗体反応をおこし、生体を抗原の有害な作用から防衛する。

「リンパ球」の画像検索結果

(#^^#)参考文献

医療学習レポート.リンパ球


スポンサード・リンク